イベント

「世界のオープンアクセス政策と日本」-研究と学術コミュニケーションへの影響

日時:2014年3月13日(木)13:00 - 17:30
場所:日本学術会議講堂 東京都港区六本木7-22-34
主催:日本学術会議
共催:日本学術振興会(JSPS)、科学技術振興機構(JST)、国立情報学研究所(NII)
協賛:特定非営利活動法人 UniBio Press

電子ジャーナル、学術コンテンツの将来像を考えるフォーラムです。
詳細

資料

発表者 内容 資料
安西祐一郎
(独)日本学術振興会理事長
オープンアクセス影響下にある新たな学術誌刊行支援 講演資料
中村 道治
(独)科学技術振興機構理事長
日本の学術政策とオープンアクセス政策を活かした将来観 講演資料
林 和弘
文部科学省科学技術・学術政策研究所
新しい局面を迎えたオープンアクセス政策:なぜ今議論が必要か
植田 憲一
電気通信大学レーザー新世代研究センター
研究者から見るオープンアクセスとパブリックアクセス 講演資料
永井 裕子
(公社)日本動物学会事務局長
   
玉尾 皓平
(公社)日本化学会会長
「リーディングジャーナルの育成」と「OAジャーナル化」は両立するか? 講演資料
谷藤 幹子
(独)物質・材料研究機構化学情報室長
日本の学術情報流通への3つの提言 資料リンク