イベント

シリーズ学術出版を学ぶ(18)-Impact StoryとPublons
クラリベイト・アナリティクスが考える学術出版の近未来

日時:2018年6月20日(水)15:00 - 17:00
場所:クラリベイト・アナリティクス 東京本社
〒107-6119 東京都港区赤坂5丁目2番20号 赤坂パークビル 19階

お申込はこちらへ

詳細

クラリベイト・アナリティクスが支援をするImpact Story は、論文のOA版へ誘う興味深い活動を行っています。また、学術情報出版の要にあるともいえる「査読」に関して、その査読履歴をORCID等に記載を行っているPublonsは、現在はクラリベイト・アナリティクスの傘下にあります。学会出版としては、今後 PublonsとScholarone Manuscriptsとの連携に関心があるところです。今回は、仁村幹彦氏(クラリベイト・アナリティクス)をお迎えし、今後の学術出版の近未来について、Impact Story、Publonsを中心にご講演いただきます。